SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MY BLOGs
BOOKLOG
twitter
chinobooをフォロー!?
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

diary - HeKoKi

ちのの日記っす
気になるネタ、いくつか
■B'zの本?
http://www.sonymagazines.jp/new/ultra_chronicle/
…う〜ん、以前の分厚いのも邪魔になっているぐらいなのに…。
買わないかも…。

■石田三成が主人公!?
DSのアドベンチャーゲームで、石田三成が主人公のものが出るんですって。
http://www.saihai.jp/ (音が鳴ります。要注意)
合戦アドベンチャーってどんなの? ちょっと興味があったり。

■テイルズ・オブ・ジ・アビスのアニメ
http://www.tv-toa.jp/
好きなゲーム、好きな主人公、興味津々。
でも、絵の崩れがちょっと気になる。
| アニメ・マンガ・ゲーム | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
サンノゼでアニメイベント〜!?
あぁ、今、サンノゼに住んでいたら行くんだろうな〜!

サンノゼに住む編集長さんの「シリコンバレー地方版」
http://www.chihouban.com/blog/2008/05/post_267.html

コスプレ画像、満載〜。おもしろ〜。
っつーのか、サンノゼでこんなイベントが!?ってのがビックリ!
アメリカでの「アニメヲタク」の数は爆発的に増えている!?

同じ編集長さんの記事で、ガソリンは高いけど安い?、っていう話題も最近の話題としてはヒット〜。
http://www.chihouban.com/blog/cat9/index.html
| アニメ・マンガ・ゲーム | 11:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
WOWOWその後
15日間のお試し視聴をしていたWOWOWですが、結局、

 申し込みませんでした

「WOWOW」と「ぽすれん」を天秤にかけて、ぽすれんに軍配が上がった、って感じです。とはいえ、ぽすれんでもレンタルも、絶対に借りたいものが少なくなってきているとも感じているので、いつか有料チャンネルのほうに軍配が上がる日が来るかも。

WOWOW自体は、興味のある映画もたくさんやっていたし、質の高いアニメも放送しているし、なかなか魅力的なチャンネルでした。私が、映画好きだったら、ぽすれんとの天秤でもWOWOWを選んでいたかもしれません(アニメ主体の私にとっては、微妙なところ)。

とはいえ、15日間の無料お試し期間に、興味のあった3つのシリーズ物アニメと、映画を何本か視聴できて、すご〜くお得な無料期間でしたよ。ということで、以前にもちょっと書いたけど、アニメの感想。


■MOONLIGHT MILE(1stシーズン、2ndシーズン)

第2シーズンまでしっかり全部見ることができました(というのか、そもそも、これが見たいがために無料お試しをしたんだけど(笑))。映像はむっちゃキレイだったし、内容もリアルで、まるで映画を見ているよう。シリーズ物のアニメなので、1回は30分枠なのだけど、毎回毎回、30分とは思えない充実した内容の物語だったし、アニメにありがちな奇想天外な設定ではなくリアルな展開に目を見張りました。

第2シーズンの最終回を見るまでは「もしかしたら第3シーズンもあるのかも?」と思うぐらい、まだまだネタはたっぷりありそうだったけど、最終回の最後のシーンを見て「なるほど、これで完結なんだ」と…。1stのOPに2ndシリーズに出てくるシーンなどが入っていたところをみると、シリーズ構成は最初から1st/2ndと2期に分けて作ることが決まっていたみたいだったから、あるいは原作が先に進んだり、ジワジワ人気が出てきたりすれば3rdシリーズってのもアリなのかな。2ndのOPには、2ndシリーズ内には出てきていないシチュエーションの映像も入っていたのも気になるところ。2人の主人公が、今後、対立するような場面が展開されそうで原作が気になってきたりも…。

まだ2ndシーズンのDVDは発売されていないみたいだし、オンエアで見られたことに感謝。


■神霊狩/GHOST HOUND

これはまだオンエア中のアニメ。2クールの予定で作成されているうちの、1クール目(1〜11話)を一挙放送で見ることができ、さらに12話だけは週1放送で見ることができました。

Production I.Gの20周年記念作品として制作されているものだそうで、映像、内容とも質の高いアニメで、続きが非常に気になっているところ。これのために WOWOWに入ってしまおうかとも思ったぐらい。…が、ぐっと堪えて、13話以降はDVDレンタルを待つことにしようと…(堪えたぞっ)。はやくDVDレンタルしてね〜ということで。


■Devil May Cry

ゲームのアニメ化ですよね。全然興味のない作品だったのですが、一挙放送ということで全12話を録画して、半分ぐらい見終わったところ。

悪魔と人間のハーフ?のダンテ(CV森川智之)という色男が主人公のハードボイルドもの。ゲームの設定も全然知らないので世界観がよくわからないのだけど、どうやらこの世界では「悪魔」が人間を襲ったりしているらしく、ダンテは2丁拳銃と魔剣を駆使して、その悪魔を退治するのを主な仕事にしている何でも屋(主人公がイチゴパフェを食べていたり、やる気無さげだったり、銀髪だったり、何でも屋だったりするし、なんとなく、ハードボイルドな銀さん@銀魂という感じ)。悪魔の造形が気持ち悪いのと、悪魔を退治する時の戦闘シーンが鮮血ドバドバでバイオレントなのだけど、そういうのが比較的苦手な私でもしっかり見ていられる演出になっていて、かなかないい感じ。

キャラクタが見た目的も性格付け的にも魅力的に表現されているし、全体的にアニメ映像の質が高い。手抜きシーンが1つもないって感じ。1話完結型の話が続いているので、気軽に見ていられる。最終的にはどんな風に終わるのか、まだ分からないけど、いいものに出会えてよかった〜って気分。

アニメが面白いので、ちょっとゲームにも興味がわいたけど、アニメのバトルシーンから予測するに、「気持ち悪い悪魔を2丁拳銃で退治していく」というゲーム…なんだよね……。悪魔退治ってところと、ガンアクションってことで、私には全然向かないゲームじゃん…。う〜、ダメですね(あはは)。



と、質の高いアニメ3本に出会えて幸せだった15日間無料体験は終わったのでありました。まる。
| アニメ・マンガ・ゲーム | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
WOWOW無料お試し中
ぽすれんでDVDを借りまくっているんだから、有料のTVチャンネルなんて必要ない!…はずなんですが、ただいま15日間無料お試し中〜。

だって、見たいと思っていたアニメ「MOONLIGHT MILE」が一挙放送だってんだもん。

見られると思うと、アレもコレも録画してみたくなるのが人の欲。NFLもポストシーズンには言って全試合見るのが大変だし、新アニメもいっぱいあるし、精霊の守り人も再放送してるし、コードギアスも再放送してるし、WOWOなんて見なくてもHDDレコーダの容量がキツキツなのに〜! 見ては捨て、見ては捨て、見ては捨て〜と、ガンガン消さなくちゃ〜。

んなわけで、今日は映画「ハチクロ」見ました。
んなわけで、録画した「鉄コン筋クリート」見てます。


それにしても、WOWOWっていっぱい面白げなの放送してるのね〜。
あう〜ん、ヤバいなぁ。無料お試し15日間だけだって心に決めてるのに、ヤバいよヤバい…………

踏ん張れ、ワシっ!(笑) <笑っていること自体、危ない(苦笑)

「踏ん張りました」という報告を乞うご期待!(苦笑)
| アニメ・マンガ・ゲーム | 08:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コミックスレンタルその後など、近況報告〜
タイトルといきなり関係ないけど、まずは椎ちゃん(ハーボット)のハロウィン。クリックするとpicasa webアルバムにジャンプしますので「スライドショー」で見てもらえるといい感じです。

harbot20071029



日記がこのところ滞っていたんですが、ご想像通り忙しく過ごしてました。別の言い方をすれば「充実した」日々を送ってました。でも、ちょっと充実し過ぎて休憩したい…っていう気にもなったりしているところ。

忙しかった理由を分析してみると……「仕事」「コミックスレンタル」「HDDレコーダーの優秀機能」の3つだったように思います。


■仕事

夏からずっと1つの仕事に関わってきてました。仕事は楽しくて好きなんですが、仕事をし始めると、「外出しなくなる」という悪影響が……。

もともと外出をあまりしない人間ではあるんですが、仕事があると丸1週間1歩も家から出ないこともしばしば。ゲームやアニメなどとはハマり方が違う。仕事を中断することができない。外出するために着替えたり化粧をしたりすると効率が落ちる気がするし、ひとまとめの仕事を途中で中断することができない気がしてしまう。

そんなわけで、買物もほとんどしない日々が続いてました。生協で買った野菜とたまごと冷凍食品で食いつなぐ日々。献立を決めて買物をするわけじゃないので、冷蔵庫を覗いて「この食材で作れるもの」という献立の決め方。

仕事の方は一段落ついたので、やっと「献立を先に考える」ことができるようになりましたよ。数ヶ月ぶり!(笑)



■コミックスレンタル

7月からコミックスのレンタルというのを試してみてました(7/19の日記参照)。読みたかったマンガを一気に読めてよかった反面、「読まなくちゃ…」という義務感みたいなものに追われるようになって、ちょっと辛くなってきました……。延滞料金がないのでずっと借りていても良いはずなんですが、なんとなく「早く読んで返さなくちゃ」と思ってしまう。面白いマンガに出会えたことはプラスだったりしたけれど、3ヶ月程で休会することにしました。

(面白いものもいくつもあってよかったんですけどね。借りたマンガの感想はこちらの日記に書いてあります→ちのtheぷちヲタ

そして、以前の日記でも書いていた「コミかるの欠点」に、見事にハマってしまうことも判明。それは、まとめ借りを基本にしている「コミかる」だと、続きが読みたくなった時に困ること。例えば、あるマンガの1〜15巻まで借りた時、16巻が発売になったらどうするか…ってこと。1冊ずつのレンタルはしてくれない……どうしても読みたい時には、ついつい買ってしまう……と……。

結局、いくつかのマンガでは、レンタル後に発売されてたのを買ってしまったり〜(結局、コミックスを買う量を増やしちゃっているわけで…)。

いや、面白いものに出会えたことは良かったんだから、マイナス要素だけではないんですけどね。

とりあえず、義務感でコミックスを読むのは辛いので、休会することにしました。マンガを読むことがそれほど私の中で重要なことではなかった…っていうのも分った気がするし。


■HDDレコーダーの優秀機能

春に新しいHDDレコーダーに買い替えてから、始めての「番組改編時期」を迎えました。私が楽しみに見ているのはアニメな訳なんですが、アニメも新アニメが続々と始まったわけです。

今までは、番組改編の頃になると、ネットなどで情報をちらちら集めて、どれを見るか決めていたんですが、新しいHDDレコーダーの優秀な機能のおかげで、ものすご〜く楽をさせてもらいました。

それは、番組表機能。インターネットに接続して番組表を取ってくるように設定してあるんですが、以前のはPCを介さないと見られない方式だったんですよね。ちょっと面倒だし、使い勝手もそれほど良くなかったんです。が、今度のは、HDDレコーダーのリモコンで

 国内アニメ一覧(これで1週間先までのアニメ番組一覧が表示される)

を一覧させて、そこからタイトルに「[新]」とついているものを手当たり次第に録画する。なんてことが可能になったんですよ! おまけに、野球などで放送時間が変わった時には、ちゃんと時間をずらして録画してくれるから、以前のように深夜アニメの時間を毎日チェックする必要も無し(なので、いくつ録画しても手間がかからない)。

 すご〜い!

……と、手当り次第に録画したら………見るのが大変になってしまいました……(功罪)。
数回見て、面白いかどうか判断して、面白いのだけを見るようになったので、今は落ち着いてきてますけどね。いやいや、それにしてもこの機能には感動です。

それに、毎年、9月から12月はNFL(アメフト)の季節。アメフトの試合も深夜に放送されるから、アニメとの競合があって困っていたんですが、ダブル録画ができるようになって競合もなくなったし、不定期で放送されるNFLの試合も、キーワードで「NFL」と登録しておくだけで自動的に録画してくれる。も〜完璧っ!

…というわけで、HDDレコーダの優秀な機能によって、手間がかからなくなったという利点と、便利になったおかげで録画する番組が増えた……という功罪が……(笑)。





そんな充実した日々を過ごしていたワタクシでした。

これからは年末の宴会の季節。これからは宴会でも忙しくなりそうな予感です(笑)。
| アニメ・マンガ・ゲーム | 09:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コミックスレンタル
DVDネットレンタルの「ぽすれん」に入ってDVDを借り続けるようになって1年半ほどたちますが、その間にCDのレンタルもはじまったりして便利になりました。DVDやCD、本当に買わなくなりましたよ。最近、予約して買うものといったら、ゲームぐらい。ゲームもレンタルがあればいいのにね(笑)(いや、あるのかもしれませんね〜。でも、のんびりやる私にはあまり便利じゃないのかもな〜)

そんな私が、ちょっと前から気になっていたサービスがありました。それが「宅配を使ったコミックスレンタル」。最初に話題になっていた時には、月額サービス料が1000円ぐらいで1冊120円ぐらい。結構高い。それだと、1冊200円で古本屋で買った方が安いんじゃ?…みたいな感覚。それでしばらくは「まだまだだね…」と気にもしていなかったんですが、最近、ど〜しても読みたいマンガがあって、まだまだ新しいマンガなので古本屋さんでもそこそこ高いし、古本だとネットで全巻揃わないし、ヤフオクなんかでは「新品を買うより高い値段で取引されてる!!」(なぜに!?驚愕!)……。

う〜ん、あちこちの古本屋に立ち寄って全巻揃えるのも大変そうだし、労力と電車賃がかかる。かといって新品をネットで買うのももったいない気がする……。う〜ん、う〜ん、う〜ん……あ、コミックレンタル調べてみよう……と調べてみたら、キャンペーンで価格が下がってました。月額525円+1冊95円。ををっ、これなら1ヶ月に20冊借りたとしても1冊120円。40冊借りれば1冊107.5円。…これならそこそこリーズナブル? マンガを買っても、その後に邪魔になって古本屋に売りにいったり、ヤフオクで売ったりしている私だし、その手間もないと考えれば便利じゃない?

んなわけで、数ヶ月のキャンペーン期間だけでも試してみようかなと、入会してみました。入会して、レンタル候補にいくつかのマンガのシリーズを入れたら………



翌日にはマンガ21冊が宅配便で送られてきました!


借りたいマンガは人気があるらしくて飛ばされちゃったけど(結局読めないのか?苦笑)、「買おうとまでは思わないけど、以前から読みたいな…と思っていたマンガ」2シリーズが送られてきました。箱の中に、マンガのシリーズごとの小さな箱に入れられたコミッックスが入っている。「レンタルのマンガなんて、手あか付きで汚いかも…」と思っていたんだけど、マンガ自体もキレイにされているし、1つずつ透明のビニールカバーがかかっていて、手あかも全然ついてない。いやぁ〜、これなら表紙のベタベタを気にしながら健康ランドで読むよりいいかも(笑)。で、読み終わったら、この箱に入れて、クロネコさんの集荷サービスに電話するだけ。箱にはちゃんと「着払い」の伝票が貼ってある。

 便利〜!

で、さっそく1つ目のシリーズを読み終わりました。
……が、いきなり欠点に気が付いてしまいましたヨ。

私が使いはじめたのはeBOOKOFFの「コミかる」というサービスなんですが、ここのサービスはマンガをシリーズで一括で貸し出す方式。1冊ずつではない便利さもあるわけなんですが、逆にシリーズでしか借りられない不便さも。それは、完結してないシリーズを借りちゃったあと、どうするか…ってこと! 1つ目のシリーズ、すでに完結しているシリーズだと思って借りたんですが、完結してなかったんですよ。6巻まで読んでしまったわけで、当然続きが読みたい……と思っている。んじゃ、7巻が発売されたらど〜すればいいんでしょう? またシリーズで借りたら、1〜6巻分のレンタル料がもったいないですよね〜。じゃぁ……と7巻以降を購入したら、なんだか中途半端なマンガが自宅に増えて、売るのも困るじゃありませんか?


むむ〜〜〜〜っ?


この課題とどう取り組むかが今後の課題です。
…っていうのか、レベルの低い課題だなぁ…(苦笑)。
| アニメ・マンガ・ゲーム | 07:51 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
劇場版 名探偵コナン 紺碧の棺
年に一度の恒例の名探偵コナン劇場版、見てきました。
恒例になっているし、私の感想はコナンファン視点なので(笑)、みなさまの参考にはならないとは思いますが。

うん、今年のは面白かった!

アクションがハラハラドキドキで面白かった。まぁ、犯人…というのか、陰の犯人というのか…は、ほぼ、登場と同時に分っちゃいましたけどね(笑)。ミステリーのシナリオとしては、ありがちだった…ということかな。ミステリーというよりは、アクションものという傾向が強かった気がします。


それから、名探偵コナンの映画というと、最初の頃は「蘭と新一の恋が一歩前進する」ってのが売りだった気がするんですが、ここ数年はその路線から少し離れてきています。今回の映画では、新一のエピソードもちょっぴり触れられているものの、焦点が当てられているのは「蘭と園子の友情」。ちょっぴりさみしい感じはするものの、この友情物語もなかなかカッコ良くて良かったです。蘭ちゃん、あり得ない高校生ですよ(いい意味で<笑)。


アクション傾向が強かったし、大きな画面で見ることができてよかったな〜という映画でした。


1言だけ文句。

 「コナン応援団」はいりませんっ!

CMみると腹が立ちます……(怒)。
(井上○香とか山○梓(だれ?)とか桜○やっくん(知らん <つーのかキライ)とか…)
名探偵コナンにリアルな人間が関わるのはど〜しても受け入れられないっす。実写ドラマも絶対に見ないつもりだし、10周年記念で上戸彩がちょこちょこ出てきていたのも受け入れられなかったワタクシ。売るために、いろいろなメディアに展開するのは仕方ないんだろうけど、私はあくまでも二次元世界+声だけのコナンしか認めませんからねっ!(ここで文句を言っても…?苦笑)
| アニメ・マンガ・ゲーム | 07:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ぽすれん1周年
DVDレンタルの「ぽすれん」に入会して丸1年が経ちました。
スタンダードコース(月2079円で借り放題)+たまにワンコインレンタル(1枚500円で10日間)を使って1年間に借りた枚数は、211枚。ざっと割り算してみると1週間に4枚(2サイクル)、1枚120〜150円ぐらいでレンタルできた…という感じでした。

この1年の間に、ぽすれんにもいろいろな変化がありました。入会したときにはDVDしかレンタルしていなかったのに、今ではCDも借りられるようになったし、マイリスト(レンタル予定の作品リスト)の機能もどんどんよくなってます。

…と、そんな話題を日記にしようと、今日、マイリストをチェックしてみたら、さらにさらに使いやすくなってましたヨ。入会当時は「優先順位」なんて概念すらなく、あいうえお順に並んだリストから自分の借りたい物を探さなくちゃならなかったんですが、途中から優先順位が使えるようになり、今回はシリーズ物という概念がしっかりと取り入れられました。シリーズ物の概念がないと「自動発送」にはできなかったんですが、今回の改良で「自動発送」を試してみることにしましたよ。(シリーズ物だと、貸出可能であるかどうかだけで上から順々に送られちゃうと不具合があったんですよね。例えば、ドラマの1巻より前に2巻が届いても困る、って具合に)。シリーズ物をひと塊として優先順位がつけられるようになりました。

ここで私のマイリスト大公開(笑)(クリックすると大きく見えます)



登録枚数185件って(笑)。またさらに1年はぽすれんを使わなくちゃ見終わりませんね。それに、185件と言っても、気になるシリーズ物は2枚ぐらいずつしか登録していないので、これを最終巻まで登録すれば何枚になることやら…。でも、今のところマイリストには200枚しか登録できないのでこの方法でリストしておくしかないのね(笑)。

とはいえ、このリスト、全部が全部「本当に見たい」ものではないのかもしれません。気になる映画やアニメの情報を聞いたときには、とりあえずここにリストしておいたりするですよね。自分のための「ちょっと気になる作品リスト」ってところでしょうか。実際にはどれだけ見ることになるのかは疑問だったりも(笑)。おまけに、借りてみてから「これって、なんで興味を持ったんだったっけ?」と思うこともしばしば。リストに登録してから実際に見るまでにかなりの時間が経っちゃいますからね。

って、これってぽすれんの宣伝みたい(笑)。せっかくなので、マイリストの使い方ページにもリンクしてみたり。ほんと、ずいぶん使いやすくなりましたよ。



ところで、ぽすれん丸一年の総決算として、レンタル履歴を整理してみました。どんなシリーズを見たのか、自分のメモのためにも書き出しておきます。長くなるので追記にて…
続きを読む >>
| アニメ・マンガ・ゲーム | 10:54 | comments(7) | trackbacks(2) | - | - |
FF7 AC / CC
ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン (通常版)友人とのやりとりでおすすめDVDの話をしていて、久々に思い出して見てみました。すでに2周目。何度見てもいい。何度見ても気が付くことがたくさんある。FF7への思い入れが強いからだとは思う。最後のほうはちょっとアクションシーンに食傷気味になったりもするけれど、それも全てラストに行くために必要なもの。

クラウドは、相変わらず強いくせに弱くて、いつまでもエアリスを引きずっている。要所要所に出てくる彼女の映像に毎回毎回嫉妬しながらも、見ている私たちにはわかっている。彼女はずっと前から、彼を許していることを。

…なのにクラウドは、ティファ言うところの「ずるずるずるずる…」エアリスを引きずり続けている。





本編を見終わったとに、30分ほどのFF7の懐かしい場面の総集編の小作品を見て、色々なことを思い出す。ミニゲームが面倒だったり、ボス戦が結構大変だったり、サブイベントの森で虫にさされっぱなしだったり、てきのわざを集めるためにあっちこっちウロウロしたり、いろいろ大変だったけど、FF7ならもう一度プレイしてもいいかも…と思えるぐらいの感情がそこに残っていることを再確認したりする。



で、久々に見て気がつきましたよ。
ザックスの声は鈴村健一さんなんですね!

以前に見た時(2005/9/14の日記)の時には気がついていませんでした。あの当時でも楽俊や伊角さんは知っていたはずなのにね(笑)。

そういえばザックスを主人公にした映像作品だかゲームだかが作られるって話なかったっけ?…と久々にFF7関連のことを調べてみる。Crisis CoreはPSP用のゲームとして発売が予定されているらしい。スクエニのオフィシャルには書いてなかったけど、検索したら2007年春という噂も。おぉ〜。おぉ〜。RPGと位置づけされているけれど、どんなジャンルのバトルシステムになるんだろう。ケルベロスのような私には向かないシステムじゃないことを願う〜。

ザックスの過去を知りたいとも思っていたけれど、さらに声が鈴村くんだと気がついちゃったら、さらに興味がわいてきちゃいましたよ。 すっかりFFから遠ざかっている私ですが、FF7だけは相変わらず私のRPGの原点として重要な位置を占めてますからね。情けない時代のクラウドを見ることになるのかもしれないけれど、それでも、ザックスの物語は知りたい。

早くもっとたくさんの情報が出てこないかな。月刊ガンガンを買い続けていたら情報がゲットできたのかしら。たまにはゲーム雑誌でも買ってみようかな。

追記ではFF7 ACを見て気がついたことなど…(ネタバレ注意)
続きを読む >>
| アニメ・マンガ・ゲーム | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
『人狼 JIN-ROH』
人狼 JIN-ROH『人狼 JIN-ROH』見ました。アニメーション映画。
評価は ○
5段階評価なら ★★★★
ってとこかな。

ぽすれんのリストに入っていて、なんだっけ?と思いながら借りたんだけど、映画が始まってスタッフの名前に「原作・脚本:押井守」「演出:神山健治」と出てきて了解。攻殻機動隊の関連作品として紹介されていたからリストに入れたんだな、と。

昭和30年代のパラレル世界の日本。戦後の混乱で作られた「首都警察」とかいうのの特殊部隊に所属する青年が、反政府運動テロリストとの戦いの中でゲリラ側の少女の死に直面する。裏で進行する政治的な駆け引きと、主人公の心情が淡々と描かれていく…という物語。タイトルの「人狼」というのは、特殊部隊の中にあると言われている伝説(?)の必殺仕事人部隊(?)。

特殊部隊とテロリストとの地下での戦闘シーンもあるし、非情であることが要求される特殊部隊員が主人公ということで、映像的にはバイオレントシーンも多いのだけど、淡々とした物語の進行と全体的に暗い画面で功を奏しているのか、過激なシーンが苦手な私でも大丈夫だった。

…かといって、万人受けする映画でもないという感じ。重たい設定に重たいストーリー。見ていて涙する…という展開でもなく、淡々と、あぁ、そういう話もさもありなん…という感じ(と、自分で書いていても理解不能(苦笑))。


それでも私がわりと良い評価をしたのは、映像がストーリーにぴったり合っていたから。映像的にすごく興味を引かれた。

人物の輪郭も動きも、とてもリアルに描かれているのね。実写の映像から1コマ1コマ輪郭をなぞったんじゃないかと思われるぐらい(もしかしたらそんな風に作ったのかな?)。登場人物たちの顔も、さもありなん、な感じ。アニメではなく、実写の映画を見ているかのよう。

でも、これはアニメなのだ…と再認識させるのが、影の付け方。最近のアニメは顔や体にかなり細かく影をつけるけれど、この映画にはあまり影が描き込まれていない気がしたんですよね。かといって幼稚な感じになるのではなくて、きっちり描き込まれた背景に人物がしっかり溶け込んでいる。溶け込んでいるけれど、なんとなく平面。平面だけどリアルで写実的に感じる……という、なんとなく不思議な感じのする画面。

…と、調べてみたら、この作品はセルで作られているらしい。CGではないのね。


絶賛して人に勧めるような作品ではないようなきがするけど、私はこの作品の不思議な感触に出会えてよかったと思った。
| アニメ・マンガ・ゲーム | 10:21 | comments(2) | trackbacks(2) | - | - |
1/4 >>