SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MY BLOGs
BOOKLOG
twitter
chinobooをフォロー!?
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

diary - HeKoKi

ちのの日記っす
<< 横浜ジャズプロムナードとオクトーバーフェスト | main | 「極楽浄土」に行ってきた >>
Twitterアイコンについてあれこれ考えてた
ここんところ、ちょっとSNSの「アイコン」について考える機会があったので、そこで思ったことをメモがわりに書いておこうという日記。

読む方によっては不愉快に感じることもあるかもしれませんので、先に謝っておきます。ごめんなさい。ここから書くことは、あくまでも私個人の感覚です。人それぞれ感じ方や考え方が違うので、何が悪いとか、何が良いとか、高飛車に評価しようということではありません。あくまでも個人の感覚であることをわかって読んでください。(なんて小難しいことを書くと読みたくなくなりますよね。すんません、めんどくさいヤツで)


●twitterアイコンを指定する上で読んでおくとよいかも、な記事

「存在感あるTwitterアイコンにするための5つのポイント」
 http://www.littleshotaro.com/archives/898

こんな記事を見つけました。ツイッターアイコンに関して

「テキトーに画像を選ぶと、こんなことになりかねません。
 ・タイムラインに流れても気づかれない
 ・ツイートに説得力がない
 ・「なんかイラッとする」という理由だけでリムられる(笑)」

って書いてあって、ものすごーく共感。この記事に書かれているようなアイコンの方、私がフォローしている人にもいまして、確かに、TL上で気が付かなかった、イラッとしてリムーブした、という経験をしてます(リムーブは上で参照した記事に書いてある理由よりも、私のこの日記の最後のほうに書いてある有名人の写真を使っているという理由によることが多いですが、この話は後述)。

私がフォローしているアカウント数は250ぐらいなんですが、これぐらいフォローしてると、もう、TLをざっと見て、パターンマッチで「読むべきツイートだけ読む」という感じになってます。フォロー数減らせば良いじゃんと言われそうだけど、そういうわけにはいかない。たまーに重要な情報を流してくれるアカウントもあるし、暇な時に読んで楽しめるアカウントもある。

別に目だつ必要はないよ、という方も、一度この記事を読んでみると、ためになる情報が載っているかも。これはツイッターアイコンについて書かれているけれど、mixiでもFacebookでも同じこと。



●コロコロ変えられるとわからなくなる

上の記事に付け加えたいのはこれ。アイコンを頻繁に変更されるとわかんなくなる。これこそ個人の主義があるので、良いとか悪いとか言わない。例えば、季節ごとにアイコンを変えるなんてのは、気持ち的にはステキだなぁとは思う。が、あくまでも私個人の感覚からすると、あの人のツイートは読んでおきたい、と思っていてもTLでパターンマッチできずに通り過ぎちゃう、というパターンです。

そんなわけで、私のアイコンは、まだ「寅年の年賀状」のままです(笑)。

このアイコンが良いアイコンなのかどうかは分からない。人によっては、分かりづらいとか、許せない!とか、そんな感想を持つ方もいるかと思いますが、これだけ長く使っていれば、色とバランスでパターンマッチできるぐらいにはなってくれているんでは…と思って使い続けてます。あと、mixiとtwitterとで同じものを使ってます。このアイコン=ちのさん、と分かって欲しいから。Facebookは仕方なく(苦笑)顔写真だけど。



●好きなミュージシャン/俳優etc.の画像を使うのってどうなの?

これが一番仲間を不愉快にしてしまいそうな話なんですが、あくまでも個人の考え方として読んでね。個人を攻撃してるわけではないので、いまそういうのを使っている方も、ご自身で判断してくださいね。

 私個人の感覚では「無し」です。

軽い否定ではなく、むしろ、不快だ、というかなり負の感情を持って見てしまっています。なので、なるべくならアイコンに有名人の画像を使っている方をフォローしたくないと思ってます。TL上に見えるだけで不快な気分になるという理由で申し訳ないけれどフォローしません。

他人のアイコンに使われている有名人本人はどういう感覚なのだろう?というのがわからないし、人によって感じ方は違うかもしれないので、その使われているご本人が奨励しているようならOKなんでしょうけれどね。

最近、私の好きなミュージシャンでツイッターアイコンについて言及してたのがあって、興味深いな、と思ったので紹介。


◆事例1:肯定?

1つは[Champagne](シャンペイン)というバンドがライブのMCで

「ツイッターでファンの人のツイートを読ませてもらってるんですが、シャンペン大好き〜とツイートしてくれている人のアイコンが別のバンドだったりして、どっちが好きなんだよ!と突っ込みたくなることがあるんだよね。だから、ちょっとの間だけで良いから、シャンペンに変えてよ!俺たちだけを愛してよ」

みたいなことを言っていたのね。
この発言だけで、ロゴマークや自分たちの写真をアイコンに使うことを肯定/奨励した、とは言えないけれど(あくまでも別のバンドじゃなくて僕たちを愛して、ということが主題だから)、それでも好きであることをアイコンで示してもらえるのは「嬉しい」という気持ちはあるんだなぁ…と。ふむ、そういう考えの人たちを好きなら、それでも良いのかもしれないですよね。


◆事例2:否定?

クリープハイプというバンドのボーカル尾崎世界観さんの昨日のツイート。


このアイコンは、尾崎さんが子供の頃の自分の写真をアップしたら、それを知り合いのイラストレーターさんがイラストにしてアップしてくれて、それをアイコンにした…という経緯のもの(詳細間違ってたらごめん。でもそんな感じの経緯のもの)。クリープハイプや尾崎さんが好きであることを示したいために、きっと、この画像をダウンロードして、自分のアイコンとして使っていた方がいたんでしょう。それに対して尾崎さんが「やめて欲しい」とツイートしたもの。

これは、自分の写真であるという以外に、イラストという作品であるという事情も加わっているので、尾崎さんの本当の線引きはわからないんですが、アーティスト写真などのアイコンは否定派なのかな、と取りました。



◆私の考え

いろいろな考え方があるかと思うんですが、私はミュージシャン/俳優etc.のアイコンを使うのって、ある意味で

 人を騙している行為

だと思うんです。実際、以前にリツイートかなにかで「あぁ、男性でもこういう考え方する人がいるんだ。面白いなぁ」と、とても興味深く思ったツイートがあって(内容は忘れましたが)、ふと、そのアカウントのプロフィールを確認してみたら、アイコンはその方が好きな俳優(たぶん)の写真で、本人は女性だと思われることがわかってガッカリした…ってことがあったんです。その時に、

 アイコンに騙された

と思った。
例えば、有名企業のロゴのアイコンを使っている人がいたら、そのツイートを企業の公式な発言と錯覚してしまうこともあるでしょう。調べれば違うことはわかるから良いじゃん、何の罪になるんだよ?なんて反論されるかもしれないけれど、でも、騙される人はいるわけ。好きなことを示したい、という気持ちはわからなくはないけれど、「もしかしたら人を騙しているのかも?」ということも考えてみてもいいのかも…と、あくまでもワタクシ個人は思うわけです。

そんなわけで、アーティスト/俳優/他者のロゴetc.をアイコンに使っているアカウントは好きになれない。個人を否定するわけではなく、そのアカウントを見たくないだけなんですけどね。そういうアイコンを使っているからといって、友達関係を解消することはないけれど、ネットの世界ではフォローしたくない。ほんと、ごめん。これは、生理的に受け付けない、というレベルなので、ほんと、ごめんなさい。フォローすることはないのであしからず。






あぁ、こんなことに時間を使って、さらに人から恨まれるような記事書いて、アホか、わたしゃ。

どんなものが生理的に受け付けないか、というのは人それぞれ違うので、もしかしたら私のアイコンや、私のツイートの仕方がどーにも気に喰わないかたもいるかもしれない。そういう場合は、twitterだったらミュート/リムーブご自由に。twitterは片方向のフォロー関係を続けることができる貴重なツールですから。

これ、ツイッターに流すのは怖いので、ツイッターには更新ツイートしないようにしよ…(苦笑)。


ーーーーー
この日記に関してはコメントいただいても、コメント返しをしないことにします。肯定、否定、どちらの意見も、人それぞれということで。
| web | 16:43 | comments(0) | - | - | - |